デオドランドでニオイ対策

誰でもリスクを抱えているのが、体臭。

自分は大丈夫だと思っていても、

気づかないうちに他人に不快な思いをさせているかもしれません。

そのようなことにならないように、簡単にできる体臭対策法を2つ紹介していきます。

汗をかいたら、そのままにしない!

汗=臭いと思われるかもしれませんが、実は汗そのものにはにおいはありません。

汗は時間の経過とともに皮脂などと混ざり、皮膚にもともと存在している菌により分解される時ににおいが出てきます。

ですがすぐににおいが発生するわけではなく、

不快なにおいへと変化するには1時間ほどかかります。

そのため、汗をかいたらなるべく早めにふき取る習慣を身につければ、

汗によるにおいを防ぐことが可能なのです。

汗をふき取る時は、デオドラントシートを使用するのがおすすめです。

制汗剤を正しく使う

においを防ぐために、制汗剤を使っている人も多いでしょう。

ですがせっかくの制汗剤も、正しく使用しなければ効果を発揮できません。

制汗剤をつける最適のタイミングは入浴後。

入浴後の清潔な肌であれば、制汗剤の有効成分をしっかりと肌に密着させることができます。

いかがでしたか?

このように、ちょっとしたことを気をつけるだけで、

体臭は抑制することが可能です。

あなたも早速、体臭対策を始めてみては?

>>わきがクリームについて知る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です